これで大丈夫!トイレ詰まりにさようなら!

トイレ詰まりのあるある

トイレで用を足し終わっていざ流したときに水が流れない!なんでこんなときに限って?そんな経験はありませんか?業者を頼むにしても場所が場所なだけに恥ずかしいし、何よりもトイレを使えなくなるとすごく不便ですよね。それにトイレが詰まるたびに業者を呼んでいたら時間やお金もかかってもったいない。そうならないようにトイレ詰まりの予防を常にしておき、なったときにはどうしたらよいのか?という対処法を覚えておきましょう。

トイレ詰まりの原因と予防は?

あなたはトイレにティッシュペーパーを流したりしていませんか?どうせ使い方も同じだし。そう思われる方もいるでしょう。しかし、ティッシュはトイレットペーパーと違って水に溶けにくく、意外とトイレ詰まりの原因になります。他にも、生理用品や赤ちゃんのオムツなど、明らかに流れなさそうなものも当然詰まりの原因になりますが、基本的にトイレットペーパーやトイレクリーナー以外はトイレに流さないようにするということに気をつけましょう。また、ふと何か異物を落としてしまった場合もすぐに取り除くということも詰まり予防には重要です。

予防していたのに詰まった時には?

それでもやはりトイレ詰まりが起こってしまうことはあるでしょう。そうなったときにはどうするのか?これは場合にはよりますが、便やトイレットペーパーが原因の場合はバケツに水を汲み、ひたすら便器の中に流すことで汚水を下に流します。水が完全にきれいになるまでこの作業を繰り返しましょう。次に何か異物が落ちてしまって詰まってしまった場合は、ラバーカップを使って押し込み、引くを繰り返します。これによって異物の詰まりは解消するでしょう。トイレが詰まってしまった場合にはあわてずにこれらの方法を試してみてはいかがでしょうか?

トイレ詰まりを発見したら、ただちに専門の業者を探しましょう。ホームページや口コミサイトで、評判が高い業者を調べるべきです。