倉庫では定置管理が基本、究極の倉庫の形は自動倉庫

物流倉庫にはたくさんの在庫がある

私たちが買っている商品の在庫はどこに保管してあるのでしょうか。大ヒット商品などは実は大きな倉庫に在庫があり、いつでも出荷出来るように備えてあるのです。小さな倉庫ではアイテム数も少ないでしょうが、大きな倉庫ほどアイテム数が多くなります。巨大倉庫となると5万アイテム、10万アイテムという数の商品や部品を管理しています。小さな部品から大きな部品に至るまであらゆる在庫を管理するのが倉庫の仕事と言えるでしょう。倉庫には数えきれなほどの在庫が管理されているのです。

より多くの在庫を管理するためには

例えば引出の物を管理する場合、どこに何があるのか把握する必要があります。鉛筆は何段目の引き出しに入っているのか、昔のアルバムがすぐに取り出せるようになっているでしょうか。自分の家にあるあらゆる物の管理をすることは非常に難しいことです。倉庫内ではこうした物の定置管理を日々行い、古いものでも新しい物でも簡単迅速に取り出せるように整理整頓を心掛け、実践しているのです。管理が行き届いている倉庫ほど納品が早いでしょう。

物流倉庫の未来の姿は?

大きな倉庫ではアイテム数が多いため、品物を間違いやすくなります。特に小さな部品には要注意、ネジなども出庫中になくなりやすい部品です。人間の目や手による出庫では限界があるため、それ以上の精度を求めるなら自動倉庫の導入がお薦めです。自動倉庫とは入庫、出庫を全て機械で行うため、人為ミスといったものがゼロになります。機械には臨機応変に考える力はありませんが、決められた作業を間違えることもなく、自動倉庫を使えば、人件費もかからなくなるでしょう。

3PLを導入することで物流の効率化を図ることが可能になり、大幅にコストを抑えながらも品質の向上が目指せます。